つなぐ人と会社を
つなぐ今と未来を

2016.04.01

『おとな必見!適正なお酒の量とは?!』

こんにちは。鵜飼です(^o^)/

本日は、食に関するお話をしたいと思います!

 

 

『おとな必見!適正なお酒の量とは?!』

071215_2152~0001

 

厚生労働省が推進する「健康日本21」では、適正飲量(※)は純アルコールにして20g(女性は10g前後)となっています。

 

(※)イギリスの研究者マーモットの「お酒を飲みすぎたり、まったく飲まないよりも、適度に飲むことで死亡率は低くなる。」という研究結果に基づく。

 

 

これは、身近なお酒に換算すると

○ビール 中瓶1本(500ml)

○ワイン 2杯分(200ml)

○日本酒 1合(180ml)

○ウイスキー ダブル1杯(60ml)

 

 

なんとびっくり

ビール500mlっていったら、ジョッキですよ?

缶ビールだったら、あの長い方ですよ?

『多少のお酒は飲んだ方が死亡率が低くなる』というのは、のんべえには大変嬉しいデータです

 

まさに、「酒は百薬の長。」

 

もちろん、飲みすぎは体に毒ですからね!

何事もほどほどが良いのです

beerandtakoyaki

 

㈱アイリスファーマ 本社採用チーム 鵜飼まなみ

What do you think of this post?
  • いいね! (6)
  • そうだね! (2)
  • どんまい! (5)