つなぐ人と会社を
つなぐ今と未来を

2016.05.06

新入社員が
最初に学ばなければいけないこととは?

ちわ!

毎度おなじみの鵜飼です(‘◇’)ゞ

今回は、『新入社員が最初に学ばなければいけないこと』のお話をしたいと思います

 

 

●新入社員がいちばん最初に学ばなければいけないこととは?●

 

新入社員1

世の中には、さまざまな仕事、職種がありますが、

(弊社の中だけでも、薬剤師職、医療事務職、販売職、開発職、営業職、管理部門などなど)

 

新卒の新入社員がいちばん最初に学ぶことは、全職種どの会社でも同じです。

 

そう、ビジネスマナー】です。

 

 

●ビジネスマナーとは?●

 

会社員としての礼儀作法。

具体的には、挨拶、敬語、電話応対、ホウレンソウ、PDCAサイクル等を指す。

総じて、社会人であれば絶対に備えていなければならないスキルのひとつ。

 

 

●なぜ全職種、全業種に共通してビジネスマナーを入社時に学ぶのか?!●

 

それは、

 

○どんな仕事も社会人(かつて社会人だった方含む)と関わる機会があるから

○ビジネスマナーがなっていないと、自分だけではなく会社の信頼を失う可能性があるから

 

です。

社会人がビジネスマナーを身に着けているのは世間では“当たり前”ですし、

研修で学ぶことができるのも、失敗できるのも、長い社会人生活の中で新入社員のうちだけです。

 

 

●専門分野や二の次三の次。ビジネスマナーがあってこその専門性と心得よ!●

新入社員2

みなさん、考えてみてください。

どれだけ専門的な知識(商品知識など)があっても、だらしない服装で挨拶もできない営業マンから物を買いたいとは思いませんよね?

 

逆に、専門的な知識がなくても明るく元気で真摯な受け答えをしてくれる営業マンには、「何かしてあげよう」「話を聞いてみるか」と思うのが心情です。

 

社会人とは言え、お客様も上司も“人間”です。

 

まずは、お客様や上司から好かれる、可愛がられる社会人を目指してください。

そのためにビジネスマナーは早い段階で完璧にしてください。

 

その先に、社会人としての活躍があります。

 

 

●研修はあって当たり前、ではない。●

 

学生の皆さんには、ぜひ、入社時に新入社員研修という大事なターニングポイントがあることを意識していただきたいですが、中にはそういった研修がない会社、職場もあります。

入社する会社に新入社員研修がない場合は、本などを購入して自分で学ぶ意識と覚悟をもって臨んでください。

 

厳しいようですが、

「教わっていないからできない、知らない。」

が通用しないのが社会人です。

 

 

また、すでに社会人の方も、定期的にビジネスマナーの復習をすることをおすすめします。

特に転職を考えている方や転職活動中の方!

選考時に面接官が最初にチェックするのがビジネスマナーです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

みなさんが、社会人第一関門を突破し、

ご活躍いただけることを願っております(*´ω`*)

 

 

採用・研修チーム 鵜飼(うがい)

What do you think of this post?
  • いいね! (1)
  • そうだね! (8)
  • どんまい! (0)