おくすり手帳

お薬手帳ってなに!?

おくすり手帳

いつも飲んでいる薬や自分に合わなかった薬の名前を覚えておく事は大変ですよね。
お薬手帳とは、処方された薬の名前・飲む量や回数・服用する時間を記録しておく事を目的につくられています。

お薬手帳を持つ意味は?

複数の病院・医院にかかる場合

(例)Aさんは○○病院より頭痛薬を処方されています。
翌日、△△歯医者より歯痛止めをもらうことになりました。
さて、この時に手帳があるとないとでは何が違ってくるのでしょうか?
<手帳を持っていた場合>
医師・薬剤師に見せることで「飲み合わせの悪い薬」や「薬の重複を避ける」ことができる。
<手帳を持っていない場合>
薬の名前が分からないと、同じ成分の薬を処方され、重複して飲んでしまった時、
副作用が現れる可能性が高くなる。

よくある質問

Q1
同じ薬をずっと飲んでいるから必要ないのでは?

同じ薬を継続している場合でも、現在飲んでいる薬がひと目でわかるようにする事が大切なので是非活用してください。

Q2
「お薬の説明書」と「お薬手帳」の違いは?

お薬の説明書は、病院・医院ごとに処方された薬の説明しか記載されていません。説明書だけでは複数の病院・医院の薬をひと目で確認することができないため、何枚も用紙を持ち歩く事になります。それに対し、お薬手帳は現在服用している薬の名前や副作用・アレルギーなどの記入があることで、自分の薬に関する情報を1冊で管理することができます。
また、今までの情報が記入されているので、新しい病院・医院を受診する時にも便利です。
特に、お子様がいる方や高齢者の方はお薬手帳を常にお持ちになることをお勧めします。

Q3
お薬手帳を何種類も持っているのですが?

お薬手帳は、1人に1冊と考えてください。各病院・薬局ごとに手帳を持ってしまうと、他の病院・医院で処方されている薬との飲み合わせや重複している薬のチェックができなくなってしまいます。これでは、せっかくお薬手帳を持っていても意味がありません。1冊に全ての情報を記入してこそ、お薬手帳なのです。
もし、お手持ちに何冊もあったら、これからは一番使いやすい1冊にまとめることをお勧めします。

お薬手帳は今後、大きな役割を持つようになります。
後発医薬品の普及に伴い、お薬の名前が違っても成分が同じお薬が増えてきます。又、入退院時のお薬の管理に役立ちます。皆さんのかかりつけ薬局である「あけぼの薬局グループ」の手帳を持って頂き、皆さんと医師・薬剤師のよりよい情報交換に役立ててください。