• ホーム>
  • ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?

上手に使えば強い味方に! ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品って何?

医療用の医薬品には、「先発医薬品」と「ジェネリック医薬品」の2種類があります。
世の中に生み出されたお薬は、一定の期間特許で保護され、独占販売できます。これは新薬の開発には莫大な費用がかかるため、発売から一定の期間は開発した会社だけがその薬を製造販売できるようにするためです。特許期間の満了を迎えた医薬品は、ほかの会社も製造販売できるようになります。ほかの会社は新薬開発をしていませんので、安く販売するようになります。
これがジェネリック医薬品です。

先発医薬品とまったく同じ?

ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許満了後に、有効成分、分量、用法、用量、効能及び効果が同じ医薬品として新たに申請され、製造・販売される医薬品です。同じ成分や分量であっても、大きさや味、におい、保存方法などは変更されている場合もありますので、先発医薬品とまったく同じというわけではありません。また、価格が安くなることも多いですが、ほとんど変わらなかったり、逆に高くなっていることもあります。

ジェネリック医薬品を使いたいのですが

ジェネリック医薬品が使えるかどうかは、薬局で薬剤師と相談してください。
先発医薬品からの変更を希望しても、対応するジェネリック医薬品が存在していない場合もありますし、製造メーカーなどの関係で手に入りにくいケースもあります。患者さまの負担金額がかえって上がってしまう可能性も考えられます。もうひとつ、ジェネリック医薬品は「有効成分、分量、用法、用量、効能及び効果」が同じと認められていますが、お薬の剤型(錠剤、カプセル、粉状など)など、細かな部分が先発医薬品とは違うこともあります。剤型などが違うと、薬の溶け出す速度が変化したり、有効成分が分解されやすくなったりする可能性もあるのです。薬剤師は、ジェネリックの利点だけでなくその他の変更点もふまえた上で、ジェネリック医薬品が使えるかどうかを判断・提案しています。まずは一度、じっくり相談してみてくださいね。