在宅医療

あけぼの薬局グループでは、患者さまのお宅で行われる医療、「在宅医療」に取り組んでいます。

1 ご依頼
患者さまご自身やご家族、またはケアマネージャーから依頼を受けた医師が訪問診療を行います。
さらに医師から薬局に依頼があります。
2 お届け
薬剤師は医師の処方せんに基づいてお薬を調製して、ご自宅や施設までお届けさせていただきます。
※患者さまと薬局の間には契約が必要となります。
3 服薬指導
お薬をお渡しする際には、薬剤師がお薬の正しい安全な使い方のご説明や、きちんとお薬を服用できているかの確認、他のお薬や健康食品との組み合わせや副作用のチェックなどをします。また、ひとりひとりの患者さまに合った管理方法などもご一緒に考えて行きます。
4 医師への報告・連絡・相談
薬剤師は医師に患者さまのご様子やお薬の服用状況などを報告・連絡・相談します。
こうした連絡は患者さまにとって、より良い医療環境を作って行くことに役立ちます。

ご相談

あけぼの薬局グループの願いは、患者さまはもちろん、ご家族や看護・介護をされている方、病院や施設のスタッフの方などから
「お薬のことはあの薬局に相談しよう!」と思っていただくことです。
そんな思いを胸に日々の業務に当たっています。お薬に関して気になることなどございましたら、いつでもご相談ください。
以上のようなサービスを提供する場合に、同じお薬をお渡しする場合でもお会計がかわってきてしまうことがあります。
しかし、その内容は厚生労働省が定める基準により適正に算定しており、当薬局がこのようなサービスをおすすめするのは、なにより患者さまが安全かつ安心してお薬を使用して頂くことを目的としています。